RuuCho's

商品無料仕入戦隊『電脳卸』

或る夕方、西と東とでコラボレーション


nijiwa001.jpg
1)9月上旬某日夕方。(この画像のみクリック拡大不可)


  前回 その3 までのシリーズ、それの続編的に今回は投稿しています。
  なんてことはない、内暈・幻日の出ている夕暮れ、だと思ってますね、そこの人。
  まぁ、西空の様子だけだとそう思われて仕方がない。
  ってなワケで、西空には内暈出てた、というのを踏まえて以降の画像をご覧あれ。


  1枚目以外は都合上、サムネイルで小さめ投稿しています。
  ハッキリ見たい方はサムネイル画像クリックで拡大閲覧して下さい。


  さてさて。以下画像2、どういった状況か分かって頂けますでしょうか?




niji-wa.jpg
2)   左(東) ← 中央(南) → 右(西)



  えっへへへへ 乙でしょ(笑)
  東西に出ている現象自体は物珍しくありませんが、
  コンビネーションしちゃうと貴重に見える。ちなみに写真は4枚くらいつなげてます。
  無理矢理つなげてるのでお見苦しい点もあるかと。そこはご愛敬^^




nijiwa002.jpg
3)東の空、きれいにアーチ形に出ていました。



  西の暈を見つけたのが先。
  それ見つけた時はまだ、暈の一部(幻日あたり)しか出ていませんでした。
  そのあと虹を見つけたのですが、見つけた時は虹の右足くらいしか見えておらず。
  どんどん虹がアーチ状に伸びて来た頃、西の暈もだいぶ円形に出現していました。
  そういった頃合に撮ったのが画像2です。


  雲が多く、西日も差していましたが、小雨がサーッと降っているような状況でしたよ。




nijiwa003.jpg
4)



  この日出ていた暈なのですが、何の変哲もなさそうに見えますが、
  暈・右半分の弧、ちょっと円みが足りないように見えます。
  実は画像4・5、下部に写り込んでいた建物や余計なものをトリミングしています。
  ですので原版は、太陽・暈とももっと中央寄りに写っています。
  という状況ですので、広角による歪みが出ている、のとはちょっと違うと思います。


  とりあえず画像4・5をご覧下さい。あとは見て下さった方のご判断にお任せします。
  (画像1に関しては、逆に左側の弧に円みが足りてないようにも見えます)
    
  


nijiwa004.jpg
5)


  我が町、虹が一部でも出れば外虹も高確率で出現するのですが、今回はナシでした。
  その代わり、一風変わったコラボレーションの見れる夕暮れとなりました。
  台風接近前の不安定な天候だったのも要因かも知れません。
  低気圧の猛威さえなければ、副産物的現象もキレイきれいの一点張りで見れるのに(;´Д`)


  我が町に出現しているこういった現象、
  純粋な巻層雲に出ている、というのじゃないような気がしてます。
  飛行機雲由来で出現してるのが多いんじゃないのかな。
  過去記事閲覧して下さった方だと、我が町の飛行機雲事情をご存知かと。
  だからこんなにこの手の現象が多発してるのかも。←違ってるかも知れないけど。  


  ではでは最後にも一度、さぁどうぞご覧あれ(笑) ▼



niji-wa.jpg




  ※どうやら今回掲載の内暈の変形具合も、ローウィッツアークの類かもしれない、と指摘をもらいました。
   その1 の幻日環が伸びてる写真にも、それらしい変形がみられるとも。(円い環っかじゃないもんなぁ)





スポンサーサイト





 
    虹 web拍手 by FC2 キラキラ ★ブログ記事に共感有難う
  1. 2019/09/20(金) 12:14:09|
  2. 日記 写真
  3. | コメント

2019夏・大気光象(3)


今回はその3になります。
前回 その2 同様、今回の画像もクリック拡大できます(拡大画像の拡大も可能)。
興味がある方は覗いて行って下さい。



【2019年8月下旬】

3-DSC02591-1.JPG



この画像で分かりますかね。
その1・2に載せてたような派手な出方ではないので、拍子抜け画像に見られそうですが、
これ、結構な変わり種じゃないかと思います。


そもそも、幻日?らしきものの出てる場所、おかしい。
太陽自体はあんな下にあるのに。
幻日じゃなく内暈の一部?かも知れませんが、内暈としてもあの形状は妙です。
私が幻日だと言っているサイド部分、そこを仮に内暈の一部だと見れば、
暈の頭と思しき部分も含め内暈の形、直線的・カクカクっとした形状になりますよね。
よく見るタイプの、まぁるい弧を描いた暈じゃなくなります。


・・・私が書いてること、分かってくれてますかね?(笑)




3-DSC02593-1.JPG



↑ 幾分か画像調整して、明暗つけて見やすくしてみてます。
オレンジ矢印は幻日なのか内暈なのか不明、という部分を指しています。
みどり矢印はぼんやりで形がカクカクっとヘンな内暈を指してます。
白い矢印は太陽のある場所を指してます。


以前私が投稿していた、変わり種のアーク(ローウィッツアーク?)に似たものかも。
あの時のもアーク全体的が白っぽい見え方をしていました。


これまでに見かけていたものの中には、
見るからに幻日が上下に伸びていて長くなっている、というのが何度かありました。
白っぽい時もあれば、虹色になっていることも。もはや幻日というより別物アークのような。
幻日が変形したようなこの手のもの、出やすいのかな我が町。
という具合で、今回の変わり種もその一種なんじゃないかと考えてます。




3-DSC02592-1.JPG



極地方で見られるような激ゴージャス現象には及ばないものの、
今回掲載画像、通(つう)にしてみればレアの域かもしれません(笑)


今回で一応お終いですが・・・
実はこれを記事にしてる最中に、また面白いのが撮れたので次回掲載します、では!







 
    虹 web拍手 by FC2 キラキラ ★ブログ記事に共感有難う
  1. 2019/09/15(日) 11:32:06|
  2. 日記 写真
  3. | コメント

2019夏・大気光象(2)


前回 その1 からの続きです。まぁご覧下さい。
今回の画像も、クリックで拡大閲覧出来ます。
拡大画像をさらにクリックするともっと大きな画像でご覧になれます。




【2019年9月上旬】

2-DSC02604-1.JPG
1)上部タンジェントがクッキリ。存在感薄ですが、内暈も出てます。





2-DSC02606-1.JPG
2)この日もやはり、上方・外暈あたりに何か出てました。





2-DSC02610-1.JPG
3)にしても。我が町、意外に出現率が高いのかも。今までは見逃していただけか?





2-DSC02613-1.JPG
4)上部ラテラルですかね、虹色の太い帯が出てましたよ。





2-DSC02614-1.JPG
5)おや?



  画像5ですぐに気づいちゃった人はさすがです(笑)




2-DSC02618-1.JPG
6)ジャジャ~ン!白矢印部分にご注目・・・アレが出てましたがな。



  私はこの日がお初でした。いやぁ、見つけた時はびっくり (;´Д`)
  この時期の16~17時の間だと、太陽高度30度くらい。
  はい、そういった太陽高度の時に出現するタイプの下部ラテラルアーク。
  左右分割タイプの、左側のみの出現。右には出てませんでした。




2-DSC02621-2.JPG
7)こぉれこれ見てよっ、すんげぇゴージャスでしょ。



  無理矢理1画面に詰め込んでみました(笑)




2-DSC02625-1.JPG
8)下部ラテラル、もう消えかけです。



  日没方向には障壁多くて低高度の現象見づらいのに、
  よくもまぁギリギリで出てくれたもんだ。わずかの間だったけど感動したね。




2-DSC02640-1.JPG
9)内暈のちょいと外側に左幻日。上部ラテラルなのか天頂環なのか太い虹色あり。





2-DSC02643-1.JPG
10)天頂環、と言いたくなるものの、それだけじゃないのが分かる。



  とりあえず以降、画像11~14をご確認下さい。




2-DSC02645-1.JPG
11)





2-DSC02647-1.JPG
12)





2-DSC02649-1.JPG
13)





2-DSC02651-1.JPG
14)矢印のあんな感じで、天頂環と上部ラテラルがパカッと分かれてますよね。



はい、今回はこんな具合の写真掲載でした。
一応今回のメインは、下部ラテラル。
天頂環と上部ラテラル(かな?)が野太くクッキリ出てるのも見て欲しかった部分。


空は前から結構見てた筈なのに、環っかっか類、こんなに出現してたかねぇ?
やっぱり自分が見落としてただけかなぁ。
まぁ、コツを掴みましたから、薄っすら出てても見つけれるようになりましたし、
経験積んだお陰で遭遇率が高くなったのかもわからない(笑)


少々前まで水平線夕日バカでしたが、その時にも感じてたのが、
大気の安定した冬場よりも夏場のほうが変わり種に遭遇する率が高い気がしてます。
そういったパターンの画像、次回投稿させて頂きます。 
ではまた次回!




2-DSC02621-1.JPG
15)最後にもう一度。無理矢理な3点コラボ。おごっつぉさま~(笑)







 
    虹 web拍手 by FC2 キラキラ ★ブログ記事に共感有難う
  1. 2019/09/11(水) 13:17:44|
  2. 日記 写真
  3. | コメント

2019夏・大気光象(1)


ここ数か月の間に見かけていた大気光象をまとめてUPしておきます。
これから3回にわたっての投稿です。


掲載画像はどれも、
画像クリックで拡大表示 → 拡大画像をクリックで更なる拡大表示 できます。
拡大しないままの閲覧ですと、縮小サムネイル画像ですのでぼやっと不鮮明です、ご了承を。


どれも夕方に撮影しています。
枚数多いですが、よければご覧下さいましぃ。今回はその1なので、まぁ軽い感じのを^^



【2019年6月下旬】

1-1-DSC02527.JPG
1)地味ぃにぼん~やりぃな曇り空に、こんな感じで出てました。





1-1-DSC02527-1.JPG
2)画像1を調整。目視ではぼんやりでしたが調整するとシッカリ出てるのが分かる。





1-1-DSC02528.JPG
3)画像1のちょっとあとにはこんな感じ。おやおや?





1-1-DSC02528-1.JPG
4)画像3を調整。環の左が変形してますね。月暈を撮った時にも似た状況ありました。





1-1-DSC02529-1.JPG
5)画像3のちょっとあと。環はしっかり見えてますが、左半円が狭くなってるの、分かりますか?



  
  内暈上端は明るめでした。上端接弧が出てたのかな。あと、不鮮明ですが、
  下部タンジェントかなぁと思われるのが内暈下端からちょっと出っ張ってる感じも。





【2018年8月中旬】

1-2-DSC02567-1.JPG
6)出た、いびつな環っか(笑) 本当に我が町はこの手の雲がよく出る。





1-2-DSC02570-1.JPG
7)実は上方(外暈の場所あたり)にも何やら出ています。





1-2-DSC02573-1.JPG
8)この写真だと分かりやすいかな。上部ラテラルでしょうか。





1-2-DSC02585-1.JPG
9)時間が経過するとこんな具合に。左右幻日、うち左幻日に尾。上端接弧も。





1-2-DSC02587-1.JPG
10)外暈あたりが赤っぽいゾーンになっちゃってますね~。





1-2-DSC02590.JPG
11)この日は、まぁこんな感じで夕日は雲に埋もれて行ったのですが・・・





1-2-DSC02590-1.JPG
12)画像11を調整。
  何の変哲もないと見過ごした人は素人ですがな。ちゃん~と出てる、見つけてみ(笑)





【2019年8月末】

1-3-DSC02596-1.JPG
13)この日のも地味ぃな出方だねぇ。





1-3-DSC02596-2.JPG
14)画像13を調整。左幻日やら頭平らな感じの上端接弧、右頭がいびつな内暈、などなど。





【2019年9月頭】

1-3-DSC02600-1.JPG
15)これ上級者向け。出てるの気づいたあんたはエライ (;´Д`)

   ↑ 当日これに気づいて撮ってるんだから、あたしもエライ(笑)





【2019年7月上旬】

1-4-DSC02549.JPG
16)さてさて。目ざとい方だともうお分かりかと。





1-4-DSC02549-1.JPG
17)画像16を調整。左幻日の尾、結構長々。此処までのは初めて見た。


  画像調整してあんな感じに出てますので、目視だとあれより見づらかったです。
  調整してみて、あぁこんなにロングだったんだねぇ、と気づいた次第。
  フレーム左端、あれより左になると、もしかしたら薄っすらつながってたかも。
  ですが他写真見るも・調整するも、尾を見つけ出すこと出来ず。





1-4-DSC02551-1.JPG
18)こんな具合の時は、やっぱり上方にも何かしら出てる。





1-4-DSC02552-1.JPG
19)ちなみに、矢印あたりにも何~か色づいたものが見えてました。


  この出方だと、
  幻日環ならぬ、幻日王 くらいですか(笑)  ←そこのひと、この意味分かるかい?(;´Д`)



とりあえずその1はこんな感じの掲載です。如何だったでしょうか。


当然ですが、掲載している日以外にも現象は見かけてました。
写真に撮れていても、見せるまでもないものはUPしていませんし、
見かけていたにもかかわらず撮影出来てないパターンもあります。
まぁ、ブログに掲載している以上に現象は出現している、とお考え下さい。


記事に関して。
もし私が見逃してる何かを発見した方がいらしたら、教えて下されば幸いです^^
ではまた。次回もお楽しみに~。



1-4-DSC02553-1.JPG
20)環の内側(太陽)に向かっても尾、伸びてますよね?
  (不鮮明ながら、他の写真にもそれと思しき内側尾っぽ、出てるかと思います)


  右半分いびつな環っかだけど、しっかり幻日が出てるのもオツ^^











 
    虹 web拍手 by FC2 キラキラ ★ブログ記事に共感有難う
  1. 2019/09/06(金) 17:09:34|
  2. 日記 写真
  3. | コメント

ちょっと前から S・U にハマってる。

niu002.JPG




レギュラーSHOW が過去アニメだけに続編も望めず、物足りないなぁと思っていたところ、
ちょうど目に留まったのが S・U ・・・ そう、スティーブン・ユニバース ^^
はいはい、懲りずにカートゥーン系の海外アニメですがな。


似たり寄ったりで個性のない今の日本アニメに飽き飽きの私にはうってつけ。
ヒーローものだけど、日本アニメのような小綺麗キャラじゃないのに加え、
海外系のヒーローものだけど、アメコミものとは違うからとても見やすい。
(アメコミのヒーローもの、好きじゃないので)


小綺麗キャラのアニメに対して虫唾が走る私にとって、
スティーブン・ユニバース は安心して目を当てていられる。


日本アニメに慣れてる人だと、逆にのめり込めないアニメかも知れない。


1編12分足らずだけど、いい話が多い。
海外クリエイターの作品だけど、話中のキャラ達の考え方に共感出来ることが多い。
寧ろ、今流行りの日本アニメよりも、或る意味 深い です。
ほのぼの話のアニメかと思いきや、
ヒーローものの要素が絡んだシリアスなストーリーも並行している。


ハマれば面白さがわかる。
1話2話あたりだと、まだノリについていけない・意味不明さを感じるかと思います。
私は総集編を偶然見かけて、だいぶ話数が進んだところから見始めたので、
(既に話が面白くなってる地点) 比較的スッと馴染むこと出来たんですが。
で、やっぱ1話から見てみなくちゃ、と思ってトライすると、あららぁ、みたいな(笑)
でも先々面白い展開になると知ってたから、温かい目で見ること出来ましたが。
こう書いてしまいましたが、やっぱり1話から見てスティーブン達を理解するのは必須。


多分人気キャラは、ガーネットなんだろうね~。
ちなみに私は、ペリドット、アメジストあたりがお気に入り~^^ 
ペリとコンビを組むようになってからのラピスもいい味出てきた(笑)


日本での放送は中途半端な話でストップしちゃってるんで、
おそらくいずれ続編が放送されるんじゃないかと楽しみに待ってる最中なんですが。
海外ドラマによくありがちな「平気で打ち切り」だけはやめてください(;´Д`)
(あんだけ期待させてシーズン終了したかと思えば、次のシーズンいきなり頓挫的な)


そうそう、
カートゥーンネットワークって、純粋に海外アニメばかりの取り扱いじゃない。
まだ、あしたのジョー だの ハクション大魔王 だの タイムボカン だの、
それくらいの時代の日本アニメなら目障りでもなく懐かしく目に入れておれたのですが、
今だとさぁ、あたしが気に入らないような美男美少女キャラのアニメ放映してる。
うわぁ ・・・ キモっ (;´Д`)
だとか、思い切り日本アニメ・劇場版、ゴールデンタイムにスペシャル放送してるし。
視聴率獲得作戦なんでしょうけど、本論から随分逸脱した番組構成としか思えない。
もっともっとさぁ、新旧問わずの日本で見れないようなアニメ、そういうの放送してくれよ。


カートゥーン視聴者で、あたしと同じような不満持ってる人、一人でも居たら嬉しい(笑)


ではではこれにて失礼いたします。



  (S・U もですが、私は U・G も好きでよく見てしまう)
 ←世界中のおじさんでありおじいさん~(笑)




niu001.JPG
▲ 1枚目の写真同様、崩れかけの乳房雲。






 
    虹 web拍手 by FC2 キラキラ ★ブログ記事に共感有難う
  1. 2019/09/01(日) 21:07:39|
  2. 日記 写真
  3. | コメント
次のページ

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール



RuuCho


このブログの管理人: RuuCho

RuuCho's


◆ 何気な~い写真 ・ 思いつきのイラスト ・ 他愛ない小咄 ・・・ をお送りするのは、昔のゲーム音楽大好き九州N県人でございます。当ブログにご訪問誠に有難うございます~(@´ー`@)

◆ 何かご用の場合は、この下方にあるメールフォーム、もしくは記事末尾のコメント欄から文字伝達して下されば幸い(返事出来るとは限りませんが)。また、訪問をお知らせ下さる場合は、記事末尾の「拍手を贈るボタン」をご活用下さい。拍手ランキングには不参加です。

◆ 当ブログの画像及び本文は管理人作です。無断借用・無断転載固くお断り致します。

◆写真撮影@Q州N県/S県。

◆ 足跡が途絶えるのには決して悪意はございません。あまりに重いページにはアクセスできず訪問断念している場合もあります。ご理解下さいませ m(_”_)m

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

日記 写真 (464)
日記 イラスト (8)

お気に入りブログ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR